手術の後はどう生活するべき?


自分のバストの小ささにコンプレックスを持っている人も、シリコンバッグを挿入するだけで見違えるスタイルに変身できます。しかも、1回手術をしてしまえば、ずっと大きくてハリのあるバストのままでいられるんですよ!ヒアルロン酸やアクアフィリングを注入して少しずつボリュームアップする方法では物足りなくなってきた人も、興味があるなら試してみてはいかがでしょうか。手術そのものは約2時間から3時間で終了します。手術を終えてからの日常生活ですが、シャワーなら抜糸前から可能です。手術を受けてから3日後からはシャワーで体を清潔にしましょう。術後1週間経過した頃に抜糸が行われるので、その後は浴槽に入っても構いません。脂肪を寄せて上げる事で、バストを大きく出来るワイヤー入りのブラジャーが人気ですよね。でも、豊胸後3か月間は体を締め付けない方がいいので、ワイヤーの入っていない物をつけるようにしてくださいね。ジムなどに通っている人は、手術後1か月してから再開するのがちょうどいいタイミングですよ。

身体の腫れや副作用は…?

豊胸手術をした時に内出血が残ることがありますが、大半の場合は約2週間ほどで消えていきます。定着したりはしないので心配はいりません。麻酔が切れた後の痛みが怖いという人も、病院側が痛み止めを出してくれるので怖がらなくても大丈夫です。シリコンバッグを挿入する時に作ったすき間に溜まった血液は、身体が吸収するので心配はいりませんが、まれに拘縮の原因になることがあります。気になる場合は拘縮予防のためにドレーンを挿入するクリニックを選ぶと安心ですね。

あまり知られていませんが処女膜の再生ができます。純潔を求めている女性に需要があり、時間もかからずにできます。