BCPはどんな意味があるのか


日本で2011年の3月11日東日本大震災が発生して多くの犠牲が出ました。災害の規模が大きく危機感を感じた企業の方も結構いるのでBCP対策を知っておくといいでしょう。BCPはBusinessContinuityPlanの略で日本語にすると事業継続計画と言います。自社の企業活動を守るための手段として利用できる以外に社員の命や雇用を守るためにも使うものです。対策をしっかりしておくと取引先からの信頼感も高まるので損はないといえます。例えば災害時にどういう対応をすればいいのかマニュアルを制作しておくと便利です。いざという時に迅速に対応する事ができるので混乱がおきません。実際にBCP対策を行う際はどんな目的で行うのかを明確にする必要があると言えるでしょう。自社サーバーを持っている会社は災害時にサーバーが破損して顧客データを失ってしまう危険性があります。そこでクラウド上にある保存サービスを使うといった手段が利用できるので必見です。データセンターに保管されるので自社に被害があっても安心といえます。

緊急用の電源確保もしておこう

災害が行ったとき電気が使えなくなると大変です。そこで特殊なバッテリーサービスを利用して緊急用の電気を用意しておくと安全といえます。例えばフォークリフトのバッテリーを利用し、電気として使うシステムを利用できるサービスがあるので必見です。サーバー用の非常用電源を使うと停電したときに自動で切り替えてくれるので電源が落ちる心配もありません。

BCP対策とは、企業が自然災害や事故などの予測できない緊急事態に遭遇した際、被害を最小限に抑え、運営を滞らせないようにするための取り組みです。