卵子提供プログラムはどんな流れで行うの?治療の場所はどこになる?


一定の病気で妊娠に至らないときに利用ができる

妊娠は、女性の卵子と男性の精子によって起こります。結婚をすれば子供を望む家庭もあるでしょうが、なかなか妊娠できないときは不妊治療などを行います。妊娠自体は女性に起こるので女性側に問題があると思われがちですが、実は男性側に問題があるケースも多いとされています。なかなか妊娠できないときは、互いの体の状況をチェックしたうえで行うと良いでしょう。女性側に一定の問題があり妊娠がしにくい状態のとき、一般的な不妊治療では妊娠が行えないかもしれません。そこで選択肢として卵子提供プログラムの利用があります。夫婦とは別の第三者から卵子の提供を受け、体外受精をした後に女性に受精卵を戻して妊娠、出産を目指します。戸籍上も夫婦の子となります。

日本人ドナーの卵子を利用して海外の病院で行う

世界ではいろいろな病気の治療が行われています。日本も最新の医療技術を持っていて、技術だけを見ると行える治療もあります。しかし、法的な問題から行えない治療もあります。不妊治療の一つとして卵子提供プログラムがありますが、今の所日本のシステムですべては行えません。日本で利用できるサービスとしては、日本人ドナーの登録と海外の医療機関との提携になります。こちらで相談をするとドナーを紹介してもらえます。話がまとまると卵子の提供を受け、海外の提携先の医療機関で体外受精などの措置が行われます。外国人のドナーになるのではと不安に思う人もいるでしょうが、卵子自体は日本人から受けられます。費用などの相談も日本で受けられるようになっています。

不妊治療の一種で、ドナーである卵子提供者から卵子の提供を受け、パートナーの精子とドナーの卵子を体外受精させ、体外受精した受精卵を不妊治療患者の子宮に移植し、患者自身で妊娠・出産することです。