ネームタグの製作のいろいろな方法はこれ!


衣服に貼り付けるタイプ

ユニホームや作業着など衣服に貼り付けるタイプがあります。種類としてはさまざまで刺繍やアイロンで貼り付けるタイプなどです。実際に業者と打ち合わせすることで細かい字体やデザインを決めていきます。業者のほうもデザインの知見がありますのでいろいろなアドバイスを受けることができます。価格は基本的にデザインで決まり複雑な形状や大きさが重要ポイントです。デザインが合意できれば製作に入ります。ミシンのデータとして保存してくれますのでいつでも更新や再発注が可能な環境が整っています。

キーホルダータイプの紹介

鍵やカバンにつけるアイテムとして使われます。会社や個人などの備品への表示やノベルティとしての発注が主です。いろいろな素材があります。シンプルなものでは枠の中に紙に印刷したものを挿入するタイプです。取り換えが可能で自分でも製作ができることが特徴で、最もリーズナブルな価格です。次に、革に刺繍をするタイプです。天然素材や合成革などがあります。刺繍のほかに刻印などいろいろなネームを入れる技術があります。ほかにも金属や樹脂プレートに彫り込みを入れたりいろいろな素材で対応可能です。タイプによってはインターネットを通じて発注する環境が整っています。データーを送ったり、サイト内のアプリケーションを使って製作します。

ネームタグ製作の特殊な方法の紹介

特殊な方法としてイベントなどを使って素材を準備したうえで、自分たちで自由にデザインして製作することです。子供から大人まで人気です。

ネームタグは衣類などの布製品に縫い付けるのが通常の使い方ですが、扱いを誤ると変色やほつれなどの不具合が生じます。タグは頑丈な布地で作り、縫い付けも丁寧に行うのが長持ちさせる秘訣です。